社葬・お別れ会

社葬とは…

社葬とは、会社の重役や多大な功績があった人が亡くなったとき、または社員が会社の業務のために殉職したときなど、会社が主催して執り行う葬儀をいいます。

社葬の費用

社葬にかかった費用を経費として計上するためには、議事録や領収書が必要です。
全ての出費に対して領収書を取っておかなければいけません。
ただし、故人の戒名料、香典返しの費用、墓地関連の費用等は、社葬経費となりません。

葬儀委員長と葬儀委員

社葬は会社が行う葬儀ですので、組織としての体制を社内で整えなければいけません。
まず葬儀委員長を決定します。葬儀委員長は、社内に葬儀委員会を組織します。
葬儀委員会は、社葬の実務を担当しません。実質的に社葬の企画・実務を執り行うためには、葬儀委員会直属の葬儀実行委員会という別組織が必要です。

社葬などの大規模葬儀の構成

  1. 密葬・本葬
    まずは遺族・近親者のみで密葬を行い、後日会社主催で本葬を行う。
  2. 合同葬
    個人葬と社葬を兼ねて行う形式。遺族と会社の両方の立場を確立出来ます。
  3. お別れ会
    密葬を行った後に行う本葬。宗教色を薄め、形式にとらわれず、告別を主眼とした形式。

法人主催の葬儀やお別れ会など、ご相談があればご連絡くださいませ。


社葬・お別れ会に関するお問い合わせ

0120-43-4304 365日24時間対応ベルコ阪南施行部
〒596-0821岸和田市小松里町2512